不動産業に特化した
秘書代行の事例

不動産業に精通したオペレーターが、空室状況・入居可能日・設備関係・
内見方法・広告料などを的確にご案内します。

不動産業に特化した秘書代行の事例

では、「不動産業に特化した秘書代行」において、具体的にどの様な電話対応を行っているのか、実際の電話対応事例をもとにご説明します。

電話対応事例①-物件問い合わせ

オペレーター
お電話有難うございます。△△△(貴社名)の佐藤でございます。
仲介業者
賃貸住宅センターの山本と申しますが、お世話になっております。
メゾンXYZの空き状況を確認したいのですが。
オペレーター
賃貸住宅センターの山本様、いつもお世話になっております。メゾンXYZについては、Aタイプのお部屋が202号と701号、Bタイプのお部屋だと608号が即入居可能となっております。
仲介業者
Cタイプの空きはございませんでしょうか。
オペレーター
はい、Cタイプについては1102号が現在、クリーニング中ですので、来月中旬以降であれば入居可能です。
仲介業者
分かりました。ではCタイプの資料を頂けますか。FAXは**-****-****番です。
オペレーター
かしこまりました。**-****-****番ですね。では、FAXさせて頂きます。
仲介業者
あと、お客様へのご案内はどの様にすれば宜しいでしょうか。
オペレーター
はい、案内方法につきましては、オートロックキーは□□□不動産様にお預かり頂いておりますので、そちらにてお借り願います。お部屋については、ドアジョイナーが設置してありますので「1234」で解除願います。
仲介業者
分かりました。では、頑張ります。
オペレーター
宜しくお願いいたします。失礼いたします。

担当課オペレーターより

賃料や共益費、敷金や礼金など、費用に関わることはもちろんですが、ベランダの向き、キッチンがIHかどうか、ペット飼育の可否など、設備関係や各種条件も正確にご案内していくことが大前提です。仲介業者の方は、入居希望のお客様と接客中の場合もありますので、さまざまな確認内容に対し、迅速に回答できる様に心がけています。入学や転勤の時期などはコール量も増えるので、チームのオペレーターシフトも増員する様にしています。

電話対応事例②-入居者からの修繕依頼の連絡

オペレーター
はい、○○○不動産管理(貴社名)の鈴木でございます。
入居者
メゾンXYZの505号、山田といいますが、帰宅して炊事をしようとしたら、お湯が全く出ません。
何かの故障でしょうか。
オペレーター
申し訳ございません。
確認なのですが、昨日までは普通にご使用できて、本日、急にご使用できなくなったのでしょうか。
入居者
はい、今日の朝までは普通に使えていたのですが。
オペレーター
お手数をお掛けいたしますが、キッチン横のリモコン表示部にエラーコードが表示されていないか、ご確認頂けますでしょうか。
入居者
分かりました。・・・確かに「コード323」と表示されています。
入浴ができないと困るので、今日中に使える様にして欲しいのですが。
オペレーター
ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。
一度、担当の者よりお電話させて頂きますので、しばらくお待ち頂けますでしょうか。
入居者
はい、分かりました。
(指定業者へ手配連絡)
オペレーター
お世話になります、夜間緊急窓口の鈴木です。
先程、22時15分にメゾンXYZの505号、山田様より給湯器の故障に関するお電話がございまして、エラーコードが「323」とのことです。本日中に使える様にして欲しい、とのことでした。
指定業者
分かりました。連絡をしてみますので、連絡先を教えて下さい。
オペレーター
はい、山田様の連絡先が090-****-****となります。
指定業者
090-****-****ですね。では、対応が終わり次第、完了連絡をさせてもらいます。
オペレーター
かしこまりました、お願いします。

担当課オペレーターより

急に水が出なくなった、階上から漏水している、夜中に警報が鳴っている、入居者の方からはさまざまな内容の連絡が入ります。中には、慌てている方やご立腹の方などもいらっしゃいますが、まず何より状況把握をきちんと行うことを心がけています。場合によっては、こちらからの処置案内で、復旧したり解決することもありますので。「有難う、助かりました。」と仰って頂けると、とても嬉しいですね。


このページのトップへ