不動産業に特化した秘書代行

不動産業に特化した秘書代行が、
不動産事業者様から高い評価を得ています。

不動産業に特化した秘書代行とは

当社は、今までに様々な業種のお客様企業に「秘書代行」というサービスを提供してまいりました。その中で、もともと不動産事業者様のご利用は多かったのですが、土曜・日曜・祝日の受付や、夜間時間帯の受付をスタートさせてからは、さらにご利用頂くケースが増えました。

不動産仲介・売買事業者様をはじめ、不動産管理会社様、家主・オーナー様からのご依頼が増えるにつれ、「より良いサービスを、よりお役に立てるサービスを」という考えから生まれたのが「不動産業に特化した秘書代行」です。
長年の実績や業務経験をもとに電話対応に必要な不動産知識を蓄積、それらをオペレーター研修にも活かし、また、独自の物件管理リストを使用するなど、不動産業における電話受付を的確に実践します。

不動産事業者様にとって、「電話対応」は切っても切り離せません。電話でのやりとりが多い業界です。また、

  • 電話対応に時間をとられ案内業務や他の業務に手が回らない。
  • 営業時間外や休日にも物件問い合わせがあるが対応できない。
  • 深夜早朝にかかる入居者からの緊急電話がとりもれてしまう。

などといったお悩みもよく聞かれます。
この様な事業者様は、不動産に関する知識を保有しながら的確な電話対応を行う、不動産業に特化した秘書代行をぜひ、ご利用下さい。

サービス内容やメリット

サービス内容

  • 空室状況や入居可能日、各種条件のお問い合わせに対し、正確にご案内します。
  • 内見方法や設備関係、駐車場の空き状況などにも、的確にご案内します。
  • 広告掲載の可否や広告料に関するお問い合わせにも、ご指示をもとにご案内します。
  • 個別の物件資料や入居申込書の送付依頼があれば、当社よりお送りします。
  • 鍵紛失や水まわり不具合等の緊急用件に対し、24時間体制で受付を行います。
  • 入居者からの修繕依頼に対し、ご指定の修理業者に直接、手配連絡を行います。

メリット

  • 24時間365日体制で物件確認だけでなく、夜間の入居者からの緊急連絡などにも対応。
  • 不動産業特有の用語を理解しているので、電話対応を安心して任せることができる。
  • 電話対応にかかる時間が減り、営業活動や情報更新などに時間を費やすことができる。

不動産業に特化した秘書代行の導入事例

導入事例①-マンション管理会社様の場合

当社は分譲、賃貸問わず、マンション管理業を行っています。管理物件が増えるにつれて深夜早朝の緊急電話も多くなり、確実に対応するために、平日は18時~翌朝9時まで、土曜・日曜・祝日については24時間終日電話受付をお願いしています。入居者からの緊急を要する入電には、確実に対応しないとクレームに発展する可能性がありますから。電気設備、給排水設備、消防設備、警備関係など、それぞれの業者手配もお願いしていますので、毎朝の電話受付結果の確認と修理業者からの報告を受けるだけで非常に効率的です。以前は、自社の社員が当番制で対応していましたが、皆の業務負担も減り委託して正解だと思っています。

導入事例②-不動産仲介・売買事業者様の場合

9時~19時までの契約で、水曜日は終日、それ以外の曜日は外出時のみ利用しています。スタッフが少人数なので、お客様の案内に出る時や、来客が重なった時などに転送する様にしています。自社管理物件も幾つか扱っているので、同じ仲介業者さんや一般のお客様からの問い合わせもあり、大事な電話が多いんです。オペレーターさんにはお部屋の空き状況や賃料を中心に、築年数や間取り、業者さんには広告料も案内してもらっています。不動産業の電話対応に関してきちんと教育がなされている様で、安心してお任せしています。物件ごとの内見方法の案内や、物件資料の送信にも対応してくれているので、本当に助かっています。


このページのトップへ